カーテンの色をかえて気分転換しましょう。

カーテンは、色が重要です。

カーテンの色選びは、メンタルな面にとても影響があるんです。朝日の当たる東側のカーテンは朝日の光が合わさった色になり部屋の色を決めます。朝のめざめに合う色を選んで一日のはじめをハッピーにしましょう。薄いオレンジのカーテンだと元気に行動できます。色の効果は絶大ですよ。反対側の小さな窓にはピンク色のカーテンをかけると優しい気持ちで出かけられますよ。薄いピンクは、疲労回復の色でもあります。会社で疲れた体を癒します。

色の効果で快適生活を

寝室におすすめなのが、ブルーのカーテンです。青には鎮静効果があり寝つきが良くなる働きがあります。寝つきが良くなく不眠症の方には最適ですよ。くつろぐ部屋には、グリーンがいい、緑はストレス解消に効果があります。赤は大量に使うと神経が休まりませんので注意が必要です。しかし、少量ならば効果があります。食欲を抑える働きがあります。お菓子などの箱が置いてある小窓にピッタリの色ですね。ダイエット中の方には大いに歓迎なのではないでしょうか。

金運アップと広々効果

面白い使い方にはイエローで、金運アップの色なんですよ。お金持ちになりたい方は西のカーテンを黄色にしてみてはいかがでしょうか。ワンルームなどでは広くスペースが取れないですよね。そこで広々効果のあるホワイトで、部屋を本当の広さより広く感じる効果があります。クッションなどで色効果は楽しめますので、すべての窓のカーテンを白に統一しましょう。原色の家具などをおけば殺風景にはなりませんし、かえっておしゃれになりますよ。

ひもカーテンはひも状の生地を多数下げた形状なので、遮光性よりも室内の装飾用品として用いられる傾向があります。また、ひも状の生地は汚れが付着しやすいので綺麗に保つためにはこまめな洗濯が不可欠です。