明るい責任で楽しく働く。ストレス除去を重点にした「かんたん社員教育のポイント」!

繊細な現代世代の新人教育

以前の世代と現在の世代では上司と部下のやり取りに違いがあるようですね。例えば、昔は終身雇用制で「自分で考えなさい」が主流だったようですが、最近はリストラされることも引き抜きされることも考慮に入れなければならない環境で「どうすればよいのですか?」と上司に言ってしまう部下の方も多いのでしょう。これは「損害を与えてしまうかもしれない」という心配から来ている可能性が高く、上司の方は総合的な配慮をもって部下を手厚く教育してあげましょう。

社員が恐怖する?賠償責任から救済の保険を!

部下の、あるいは社長さんなら全社員のストレスをチェックするのは大変ですよね。ですので、積極的な「消去法」で行ってみましょう。現代社会は「誰もが被抑圧者だ」と、過度に潔癖な自己防衛を発達させがちな空気になっており、一人一人がそれに逆らおうとしてもなかなか大変なのです。例えば「会社の備品を壊したら訴えられるのではないか?」とびくびくする社員もいることでしょう。そういった一番の恐怖をクリアするためには、会社の上層部が「しっかりとした、社員のための保険をかけておく」必要があります。意外に十二分に行えている企業は少ないのではないでしょうか?

安全な職場だとアピールしよう

ここまでお話しましたように、「どれだけ社員を一生懸命教育しても空回りすれば意味がない」ということで、「リストラせざるを得なかったり、社員が会社に過失とは言え損害を与えて回らなくなってしまった」等とならないように、社員教育が会社にプラスになるように基本的で総合的な対策を取っておく必要があるわけですね。仕事の責任は「人を充実させます」が、現代の「当たり屋」的な空気が社員のストレスを増大させているのなら、ここの職場は安全ですよと真に根拠を伴ってアピールすることこそが、会社の責任であり、それに応えていると分かる社員の反応が、実は「ストレスチェック=小」と判定する有効な方法なんですよ。

社員教育をする必要性は、教育により即戦力として早めに会社に馴染んでもらい、会社を大きくする事を目標にする事で、長期的に働いてもらうキッカケに繋がります。